サラリーマンが幸福になるための3つの条件とは?

いきなりですが、上から評価されないサラリーマンが
幸福になるためにはどうしたらいいのでしょうか?

小物

なぜこのような記事を書こうと思ったかというと
他ならぬ私自身が「評価されないサラリーマン」だからです。
だから真剣に考えました(笑)

今回私がガチで考え抜いた結果、以下の3つの条件を満たせば
「評価されないサラリーマン」が幸せになるのではないか?
思うようになりましたので、ご紹介させて頂きます。

 

ヒラのサラリーマンが幸福になるための3条件

組織の歯車であるサラリーマンが幸せになるには
どういう条件を満たせばいいのか?

いろいろあると思いますが私の独断で以下の3つに
絞ってみました。

 

サラリーマンの給与所得以外の収入源を持つ

この条件を第一に持ってきました。
それくらい重要な条件です。

評価されないということは評価する側がいますよね。
例えば部長だったり、統括マネージャーだったりすると思うのですが
仮にその人より収入が上だったら如何でしょうか?

部長が給与1000万、自分は給与所得600万だけど
副業で500万稼いでいるので、合わせて1100万だったら?

部長より稼いでいる!と思うと、かなりやさしい気持ちになりますし
心に余裕も生まれます。

 

また副業分野ではアフィリエイトにせよ転売にせよ、
自分がキャッシュフローを生み出しているので
「代表取締役」を名乗っていいと思います。

名刺

名刺も「代表取締役」のものを作成した方がリアリティーが湧きますね。

ちなみにこの「代表取締役」効果は物事の見方を変えてくれます。

売り上げが上がった内から、費用がいくら差し引かれて
手元に残る利益はどれくらいか?

経営者目線でかなりシビアにビジネスが見れるようになります。

また社長を名乗ることで責任感が生まれますし、
何より、部長や統括マネージャーよりも役職が上です(笑)

 

まとめると給与所得以外の収入源を持つことで
評価する側の部長よりも収入が上、
そして代表取締役を名乗ることで役職も上になる
という
可能性を秘めたステータスが生まれます。
このことはサラリーマンをやっている方のビジネスにもいい影響を与えます。

飲み会で愚痴を言う時間があれば幸福になるためにも
他の収入源を確保しましょう。

 

潤いのある生活

潤いのある生活、ハリのある生活、艶のある生活です(笑)
言葉をぼかしましたが、そもそも男に潤いを与えてくれるのは
恋人ですよね。
なので、恋人という存在が常にいるようにしましょう。

注意したいのは女友達でもなく、妻でもなく、恋人です。

男は恋している時が一番華があって潤っていると思いますので
その環境を作り出すようにしましょう。

 

とはいうものの、家庭がある人はどうしたらいいのか?

これについては意見が分かれると思いますが
妻帯者でも他の女性と食事をするくらいのプチデートなら
浮気にならないのではと個人的には思っています。

何より、女性とプチデートすることで
コミュニケーション能力が鍛えられ、明日への活力になるのであれば
どんどん実践すべきだと考えます。

但し、深入りしすぎないように自制する必要もありますので
そこは上手に切り替えるようにしましょう。

 

健康な体

健康な肉体に健全な精神が宿る、といいます。
病んだ体では何より副業をしようとする意欲もわかないですし、
恋をしようと考えつきもしません。

そういう意味でも健康であることは
幸福であるための絶対条件ともいえます。

健康であるためには食生活と運動が重要な要素になってきます。

 

ただ、一般的な書籍で推奨されているようなものを鵜呑みにするのではなく
自分に合った食べ物の組み合わせ自分の体の癖に合った運動を見つけるために
いろいろ試してみることが必要です。

自分だけの最良の組み合わせを見出すことができたなら
それは一生モノの財産です。

まとめると幸福になるために
自分の体調をベストにするオリジナルな食べ物の献立
筋力や体の調子を整えるためのカスタマイズされた運動メニュー

を追及していきましょう。

 

なぜ社内で出世する道が幸福とは言えないのか?

上司

「評価されないサラリーマンが幸福になりたいのなら
上司から評価されるような人材になって、出世していけばいいんだよ」

一方ではそんな意見もあります。

ただ私の会社を見る限り、課長、部長、統括部長、
みんなとても幸せそうには見えません(笑)

そもそも評価されるには好きでもない上司に媚を売って
おべっかを使い、出世するには不毛な社内政治に終始する必要があります。

 

そして仮に念願の役職に就いたとしても…

・目標の為の目標を作らされ、到底達成できない予算を課せられる。
目標は市況にかかわらず、常に右肩上がりの数値。
・仮に目標達成できたとしても、全社的に売上が悪ければ
一律収入ダウンの憂き目にあう。
・残業規制があり、長時間部下に残業させていると管理責任を問われる。
そのため、忙しい時は自らが休日出勤して働く。
・お客さんの接待で日々、飲み会やゴルフ漬け。
気を使っているので楽しむどころではない。
また食事も偏っているので健康診断では必ず引っかかる。

*全て役職者から聞いた話です。

そんな生活のどこが幸せなのでしょうか?
私は出世することよりもヒラでも給与所得以外の収入源をもち
健康かつ潤いのある生活を送ることの方が幸せだと考えています。

人それぞれ考え方はあると思いますが、この記事をきっかけに
サラリーマンとしてどういう状態が幸せなのか?
今一度、考えてもらえると幸いです。

 

まとめ

如何でしょうか?
サラリーマンが幸福になるための3条件、
私なりの考えを提示させてもらいました。

私はサラリーマンであることは多大なメリットを享受していると思っています。
安定した収入源、福利厚生、有給休暇など
自営の経営者からすると本当にうらやましい身分だと思います。

働く環境にそれほどストレスを感じないのであれば
サラリーマンは辞めない方がいいです。

サラリーマンのメリットを甘受しつつ、他の収入源を持ち
健康で潤いのある生活を送ること、
これこそが私の「ありたい姿=幸福」です。

コメントを残す